事業概要公表、九電子会社など 由利本荘沖洋上風力

会員向け記事
お気に入りに登録

 九州電力の子会社「九電みらいエナジー」(福岡市)と、ドイツ電力大手の日本法人「RWE Renewables Japan合同会社」(リニューアブルズ社、東京)は15日、秋田県由利本荘市沖の海域で計画する洋上風力発電事業の概要を明らかにした。最大出力は84万キロワット、出力9500~1万2千キロワットの風車を最大88基設置する。環境影響評価(アセスメント)法に基づく計画段階環境配慮書は、きょう16日から縦覧できる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 509 文字 / 残り 301 文字)

同じジャンルのニュース