安倍内閣が総辞職、歴代最長政権に幕

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 安倍内閣は16日午前、臨時閣議で総辞職した。安倍晋三首相の在職日数は第1次内閣から通算で3188日、2次内閣以降の連続で2822日に上った。平成から令和にかけ、通算と連続の両方で歴代最長を更新した安倍内閣は幕を引く。

 安倍首相は第1次内閣の2007年9月、持病の潰瘍性大腸炎が悪化して辞任。12年12月の衆院選を野党自民党の総裁として勝利し、首相に返り咲いた。これを含め衆参両院選で6連勝し、長期政権を維持。この間、経済政策「アベノミクス」で株価上昇など一定の成果を上げた。外交ではトランプ米大統領らと個人的な親交を結んだ。

 一方、森友・加計学園や「桜を見る会」の問題では公文書の取り扱いなどに多くの疑念が持たれた。今年に入り、新型コロナウイルス感染症への対応に国民から批判が集中。8月には持病が再発し、来年9月末までの党総裁任期を待たず再び辞任となった。

 こだわった憲法改正は在職中に実現できなかった。北方領土問題や北朝鮮による日本人拉致問題も見るべき成果がないまま、菅新政権に引き継がれる。

秋田の最新ニュース