菅首相の古里で昼花火 実家には垂れ幕で祝福

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
第99代首相に選出された菅氏を祝うのぼりと菅氏の実家に掲げられた垂れ幕=16日午後1時50分ごろ、湯沢市秋ノ宮
第99代首相に選出された菅氏を祝うのぼりと菅氏の実家に掲げられた垂れ幕=16日午後1時50分ごろ、湯沢市秋ノ宮

 自民党の菅義偉総裁(71)が16日午後、首相指名選挙で第99代首相に選出され、故郷の秋田県湯沢市秋ノ宮では昼花火を上げて祝福した。実家には「菅義偉総理大臣誕生おめでとう」の懸垂幕も下ろされ、住民や同級生らが喜び合った。

 菅氏の実家近くに住み、少年時代は魚取りを共にした男性(71)は「決まった瞬間、涙が出た。本当にすごい」と感無量の様子。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 327 文字 / 残り 157 文字)

秋田の最新ニュース