秋田地裁の旧庁舎解体 「迫力があってびっくり」【動画】

会員向け記事
お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
解体工事が進む旧裁判所庁舎
解体工事が進む旧裁判所庁舎

 秋田地裁などが入っていた旧裁判所庁舎(秋田市山王)の解体工事が佳境を迎えている。建物の壁や床を構成していたコンクリートの断面や鉄骨があらわになり、近くを通りかかる人の目を引いている。

 旧庁舎は、かつて入り口があった山王大通り側から見ると、シートに覆われて中をうかがうことはできない。しかし裏側に回ると、壁が壊されて内部がむき出しになった建物の姿を見ることができる。砕かれたコンクリートの破片があちこちに転がり、残された柱から建材の一部が垂れ下がっている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 463 文字 / 残り 235 文字)

秋田の最新ニュース