猿田興業、ソニー仙台に敗れる サッカー天皇杯開幕

お気に入りに登録

 サッカーの第100回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)が16日に開幕し、各地で1回戦16試合が行われた。秋田県代表で東北社会人1部の猿田興業は、仙台市のユアテックスタジアム仙台でJFL(日本フットボールリーグ)のソニー仙台(宮城)と対戦し、0―3で敗れて初戦突破はならなかった。前半45分に先制を許すと後半に2点を追加され、攻撃も振るわなかった。

 同選手権には52チームが出場し、J1の上位2クラブは準決勝から加わる。決勝は来年1月1日、国立競技場で実施される。

▽1回戦
ソニー仙台 3―0 猿田興業
     (1―0)
     (2―0)

同じジャンルのニュース