佐竹知事、菅首相就任「県民の励みに」 河野太郎氏にも期待

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
佐竹敬久・秋田県知事
佐竹敬久・秋田県知事

 菅義偉氏が秋田県出身者で初の首相に就任したことを受け、佐竹敬久知事は16日、県庁で報道陣に「努力を積み重ねれば、物事を成し遂げることができるという模範。勇気とやる気が起き、県民の励みになる」と話した。

 菅氏のスローガン「自助・共助・公助、そして絆」も挙げ、「(本県出身の)総理に頼るというより、総理の目指す姿を具現化できるように地方自治体としても頑張っていきたい」と述べた。

 新内閣では、防衛相時代に地上イージス配備計画を巡ってやりとりした河野太郎氏の行政改革・規制改革担当相就任に注目。「改革はハレーションを伴うが、負けずにやってほしい」と期待した。

秋田の最新ニュース