参院首相指名選挙、寺田静氏は伊藤氏に1票「ぜひ女性総理に」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
寺田静氏
寺田静氏

 16日行われた参院の首相指名選挙で、無所属の寺田静氏(秋田県選挙区)は国民民主党の伊藤孝恵氏(参院愛知県選挙区)に1票を投じた。伊藤氏に投票したのは寺田氏1人。「同年代の女性として、問題意識や目指す社会像が近い。ぜひ総理になってほしいと思い投票した」と語った。

 45歳の伊藤氏は2016年参院選で初当選。現在は予算、文部科学などの委員会に所属している。寺田氏や夫の寺田学氏(衆院比例東北)と共に、子どもと育児に関する政策提言を行う超党派の「ママパパ議員連盟」で活動している。

 寺田氏は「諸外国では30、40代の女性首相が珍しくない。日本でも意思決定の場に女性が増えるべきだと考えているが、今回は有力な首相候補者の中に女性がいなかった」と話した。

秋田の最新ニュース