菅内閣、安倍内閣から11人再起用 派閥バランスにも配慮

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 16日発足の菅内閣は、閣僚20人のうち11人が安倍内閣から継続して起用されたのに加え、安倍内閣でかつて閣僚を務めた4人が同じポストで再登板した。菅義偉首相は「思い切って私の政策に合う人を登用する」と公言していたが、独自性は乏しく、前内閣の人事を「継承」する形になった。自民党総裁選で争った岸田、石破両派にもポストを配分し、派閥のバランスにも配慮した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 731 文字 / 残り 555 文字)

秋田の最新ニュース