湯沢市民「おらほの総理!」と歓喜 菅首相誕生を見守る

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
菅氏が衆院で首相に指名され、拍手する市民=湯沢市役所本庁舎市民ロビー
菅氏が衆院で首相に指名され、拍手する市民=湯沢市役所本庁舎市民ロビー

 第99代首相に秋田県湯沢市秋ノ宮出身の菅義偉自民党総裁(71)が就任した16日、市が主催する衆参両院本会議のパブリックビューイング(PV)が5カ所で開かれ、集まった市民は菅氏が首相に選ばれる瞬間を見届けた。市役所本庁舎には就任を祝う大型の垂れ幕が設置され、本県出身で初の首相が郷土から誕生したことを喜んだ。

 PV主会場の市役所本庁舎には160人が訪れ、2台のモニターで首相指名選挙の様子を見守った。衆院本会議で菅氏が首相に指名されると会場から拍手が湧き、市職員有志による管楽器のファンファーレが鳴り響いた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 838 文字 / 残り 584 文字)

秋田の最新ニュース