政治家・菅義偉の断面(中)官僚掌握、忖度の土壌に

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
首相官邸と記者会見する菅、自著「政治家の覚悟」
首相官邸と記者会見する菅、自著「政治家の覚悟」

 「責任は政治家が全て負うという姿勢を強く示すことが重要なのです。それによって官僚からの信頼を得て、仕事を前に進めることができるのです」

 自民党が下野していた2012年3月に出版された「政治家の覚悟 官僚を動かせ」。菅義偉は自著で、政治主導の重要性を説いた。

 県に出向した経験があり、13~14年に総務事務次官を務めた岡崎浩巳(67)は菅を「ぶれない政治家」と評する。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1337 文字 / 残り 1153 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース