菅内閣、与党「手堅い布陣」 野党は解散・総選挙を警戒

会員向け記事
お気に入りに登録

 与党は16日、菅内閣の顔触れについて「実務型を集めており、仕事師である菅義偉首相らしさが出ている」(自民党の世耕弘成参院幹事長)として、手堅い布陣だと評価した。横滑りや再任、再入閣が目立つことから、独自色が足りず国民へのアピールにならないと懸念する声も出た。一方、野党は同日、菅義偉新首相の選出を受け、新型コロナウイルス対策や経済対策といった新内閣の主要課題について国会での論戦を求めた。組閣直後の衆院解散・総選挙への警戒感も強めた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1162 文字 / 残り 944 文字)

秋田の最新ニュース