大潟村の高橋村長「農業生産基盤強固に」、4期目所信表明

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県大潟村議会は16日、9月定例会を開会した。提出案件は20年度一般会計補正予算案、19年度一般・特別の各会計決算認定案など9件。このうち工事請負契約締結案2件を可決、監査委員と固定資産評価審査委員の各選任案、教育委員任命案に同意した。会期は28日まで。

 先月、無投票4選を果たした高橋浩人村長は所信表明で「食料生産基地として誕生した大潟村は、国民への食料供給に最大限力を発揮していくべきだ。そのためにも国営土地改良事業の推進を図り、農業の生産基盤をより強固なものにしていく」と述べた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 541 文字 / 残り 296 文字)

秋田の最新ニュース