佐竹知事、12月に出馬有無を表明 「熟考の時間ほしい」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
佐竹敬久知事
佐竹敬久知事

 来春に予定されている秋田県知事選を巡り、佐竹敬久知事は17日、4選出馬の有無を12月県議会で表明する考えを明らかにした。9月県議会一般質問での答弁。「今少し熟考する時間がほしい」と述べ、現時点での明言は避けた。

 佐竹知事は、新型コロナウイルス感染症への対応と経済立て直しが求められる中、「県政は非常時の状態に入り、特に新年度は極めて大切な年になる」と強調。加えて企業誘致や大規模な研究プロジェクトがコロナの影響で滞っているとし、「中には私自身と相手方の信頼関係や継続性が前提になっているものもある」と説明した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 559 文字 / 残り 303 文字)

秋田の最新ニュース