高い注目度生かせ! 菅首相誕生、地元は祝賀ムード続く

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
商店前で99円均一で販売されている青果物
商店前で99円均一で販売されている青果物

 秋田県湯沢市秋ノ宮出身の菅義偉首相(71)の総理就任を受け、湯沢市内では商店街や業界団体などがセールや祝賀企画を展開し、お祭りムードが漂っている。事業者からは「集まった注目度を生かしたい」と奮起を期す声が上がる。

 市中心部にあるJR湯沢駅周辺の4商店街では17日、首相誕生を祝う水色の旗150本が、風に揺られはためいていた。約6メートルの横断幕も各通りに設置され、街の景色が鮮やかさを増している。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 894 文字 / 残り 695 文字)

■パンケーキいかが、甘党総理がうなった味

菅首相の就任記念パンケーキ

 湯沢市の湯沢グランドホテルはきょう18日から、同市秋ノ宮出身の菅義偉首相(71)の総理就任を祝うパンケーキ「スイートベリー」をレストランで販売する。甘党で知られる菅首相が昨年、同ホテルで食べ「うなった」味。父・和三郎さんが秋ノ宮でイチゴ栽培の普及に尽力したことにちなみ、イチゴといちごアイスを添えている。

 同ホテルによると、菅首相が同ホテルで高校の同級生らと食事をした際、パンケーキ好きだと知っていた同級生が菅首相のために用意した。一口食べると「おっ」とうなったという。

 同ホテルは、ニューオータニ系列のホテルから調理指導を受け、2013年からパンケーキを提供している。銅板を使い低温でじっくり焼くのが特徴で、生地が滑らかで口溶けがいいという。

 総理就任祝いのパンケーキは皿に、菅首相が官房長官時代に元号「令和」を発表したときの姿をココアパウダーで描いている。秋ノ宮産イチゴは現在時期的に使用できないため、可能であれば来年使いたい考えだ。

 値段は第99代首相にちなみ990円(税込み)。提供時間は午後2~7時(ラストオーダー)。注文を受けてから焼き上がるまで25分かかる。

 湯沢グランドホテルの大橋靖広常務取締役(59)は「新型コロナウイルスの影響で特に夜の来客が減っている。集客の弾みになれば」と菅首相効果に期待を寄せた。

■ちょうちん行列、湯沢市民150人が参加

150人が湯沢市中心部を練り歩いたちょうちん行列

 湯沢市の市民有志は16日、菅義偉首相の就任を記念するちょうちん行列を同市中心部で行った。和太鼓グループ「湯沢南家佐竹太鼓」の一行が演奏しながら先導し、市民150人が晴れやかな表情で練り歩いた。

 同市の地域おこしグループ「ゆざわ井戸端会議」と、松田グループ5社の共催。午後4時半に市役所隣の中央公園を出発し、約1時間かけて4キロを歩いた。大町交差点から田町まで歩いて折り返し、前森を経由して中央公園に戻った。

 同市山田の行政書士武石忠さん(72)は孫と参加。菅氏の首相就任について「最高の気分。子どもが夢を持てる出来事だ」と喜んだ。孫で横手市十文字一小4年の渡部佑清君は「楽しく歩くことができた。総理大臣を目指してみたい」と笑顔を見せた。

 湯沢南家佐竹太鼓の一員として行列を盛り上げた、湯沢市八幡の農業由利聡子さん(41)は「(菅氏は)苦労して頑張った人で、地元の若い人の励みになる。今年は新型コロナで演奏の出番がなかったが、一番いい機会にたたくことができてうれしい」と話した。

秋田の最新ニュース