手すり改修、廃屋解体… 阿仁・露熊山峡の整備着々と

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
電動のこぎりで倒壊した建物を解体する参加者
電動のこぎりで倒壊した建物を解体する参加者

 秋田県北秋田市阿仁荒瀬集落の出身者有志でつくるグループ「荒瀬かだまり」(佐々木修会長)や地域住民計17人が13日、かつて景勝地だった「露熊(つゆくま)山峡」の遊歩道などの修復作業を行った。山峡を再び人が訪れる場所にすることを目指したグループの「露熊プロジェクト」の一環。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 426 文字 / 残り 290 文字)

秋田の最新ニュース