県プレミアム飲食券、21億円分の申し込み 発行予定の4割

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田県議会棟(資料写真)
秋田県議会棟(資料写真)

 9月秋田県議会は18日、本会議を開き、今川雄策(自民)、三浦英一(みらい)、佐藤信喜(自民)の3氏が一般質問した。新型コロナウイルスに伴う経済対策として県が発行しているプレミアム飲食券について、猿田和三産業労働部長はこれまでに約210万枚(約21億円分)の申し込みがあったと説明した。発行予定枚数533万枚の約4割にとどまっている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 396 文字 / 残り 229 文字)

秋田の最新ニュース