米、GDP2%超の防衛費要請 対中ロで同盟国に、日本0・9%

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
エスパー米国防長官=11日、アーリントン(ロイター=共同)
エスパー米国防長官=11日、アーリントン(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】エスパー米国防長官は16日、米ランド研究所で講演し、中国やロシアとの競争に備え、日本を含む全同盟国に対し防衛費を国内総生産(GDP)比2%以上に引き上げるよう要請した。

 今年の防衛白書によると、19年度の日本の防衛費はGDP比0・9%。エスパー氏は「われわれの互いの利益を保護し、安全を維持して共通の価値観を守るという目標を達成するため、防衛費を少なくともGDPの2%に引き上げるよう求める」と述べた。

 北大西洋条約機構(NATO)は米国の負担軽減へ、24年までに加盟国の防衛費をGDP比2%超にする目標を設定。達成を繰り返し要求してきた。