菅首相、日課の早朝散歩は官邸内に 警備強化で

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
菅首相の新たな散歩コースとなった官邸の敷地
菅首相の新たな散歩コースとなった官邸の敷地

 菅義偉首相は就任翌日の17日から、日課の早朝散歩を官邸敷地内(東京・永田町)で行っている。官房長官時代は赤坂の衆院議員宿舎を出て周辺の街中を歩いていたが、首相就任に伴う警備強化で場所の変更を余儀なくされたとみられる。

 菅氏は気分転換と頭の中の整理を兼ね、毎朝の散歩を続けている。首相指名選挙当日の16日は午前6時46分から赤坂周辺を約40分歩き、通行人からの「頑張ってください」との呼び掛けに手を上げて応じた。

 首相就任から一夜明けた17日は官邸に場所を移し、午前6時42分から敷地内を散歩。18日も6時44分から官邸の敷地内を約35分歩き、虎ノ門のホテルで竹中平蔵東洋大教授と朝食を取った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 420 文字 / 残り 123 文字)

秋田の最新ニュース