入道埼灯台をイメージ しましま「おがパフェ」19日発売

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
 入道埼灯台をイメージした「おがパフェ」(右)と、縁結びのわら細工
入道埼灯台をイメージした「おがパフェ」(右)と、縁結びのわら細工

 JRグループによる来年4~9月の東北デスティネーションキャンペーン(東北DC)に向け、秋田県男鹿市と市観光協会は20~30代を主なターゲットに、入道埼灯台にちなんだ新商品を開発した。灯台をイメージした「おがパフェ」を19日に発売するほか、来月中旬からは縁結びのわら細工を販売し、灯台前に取り付けられるようにする。

 入道埼灯台は2016年、日本ロマンチスト協会(長崎県)と日本財団(東京)の「恋する灯台」に選ばれた。今回の事業は入道崎をロマンスの聖地としてPRし、若い世代の誘客につなげようと実施する。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 732 文字 / 残り 481 文字)

秋田の最新ニュース