大館桂桜、明桜にサヨナラ勝ち 秋季高校野球県大会が開幕

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【明桜―大館桂桜】延長13回裏、2死一、二塁から大館桂桜の安藤が右翼線にサヨナラ打を放つ=さきがけ八橋球場
【明桜―大館桂桜】延長13回裏、2死一、二塁から大館桂桜の安藤が右翼線にサヨナラ打を放つ=さきがけ八橋球場

 第72回秋季東北高校野球県大会が19日、秋田市のこまちスタジアムとさきがけ八橋球場で開幕し、1回戦4試合を行った。大館桂桜は延長十三回タイブレークの末、今夏の県高校野球大会を制した明桜にサヨナラ勝ち。昨年覇者の能代松陽は延長十二回、横手清陵を振り切った。由利工と秋田修英はコールドゲームで勝った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 290 文字 / 残り 141 文字)

秋田魁新報社は全試合を速報します

同じジャンルのニュース