貴景勝6勝目、朝乃山は白星先行 新入幕の翔猿と琴勝峰が1敗守る

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
豊山(下)を攻める貴景勝。押し出しで下す=両国国技館
豊山(下)を攻める貴景勝。押し出しで下す=両国国技館

 大相撲秋場所7日目(19日・両国国技館)大関陣は、貴景勝が激しい攻防から豊山を押し出して1敗を守り、朝乃山は照強を押し出して初めて白星を先行させた。

 3関脇はそろって黒星。正代は小結隠岐の海に突き落とされ2敗に後退した。御嶽海は玉鷲の押しに屈し4勝3敗。大栄翔は栃ノ心に寄り切られ、5敗となった。

 1敗でトップに並ぶのは貴景勝、新入幕の翔猿、入幕2場所目の琴勝峰。2敗は正代、先場所優勝の照ノ富士ら9人となった。