コロナ収束願い灯籠祭、横手市増田 幻想的に570基

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
中七日町通りで行われた灯籠祭
中七日町通りで行われた灯籠祭

 秋田県横手市増田町の歴史的町並みが残る中七日町通りで15日夜、新型コロナウイルス収束を願う「灯籠祭」が行われた。明かりをともした灯籠570基が立ち並び、住民たちが幻想的な雰囲気を満喫した。中七日町町内会(松浦利明会長)の主催。

 灯籠は地元の月山神社でおはらいを受け、町内会員や増田中学校の生徒が願い事をしたためた。この日は午後7時から9時まで通り約280メートルを歩行者天国とし、家々や店舗の前に灯籠を並べてろうそくに火を付けた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 441 文字 / 残り 225 文字)

秋田の最新ニュース