作家7人「秋の工房展」23日まで 秋田市雄和地区

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
7人の作家が手掛けた絵画や陶芸、和紙などが並ぶ工房展
7人の作家が手掛けた絵画や陶芸、和紙などが並ぶ工房展

 秋田市雄和地区などで作品制作に取り組む7人の作家による「秋の工房展」が、同地区にある7カ所の工房で開かれている。それぞれの作家による風景画や陶器、和紙などの作品が展示されている。23日まで。

 画家の相馬大作さん(アトリエソウマ)は風景画など約40点を展示。このうち鳥海山を題材にした新作の油絵「鳥海山と桑の木台湿原」は、日の光が生み出す陰影や、残雪の白さが印象的だ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 443 文字 / 残り 259 文字)

秋田の最新ニュース