古里の風景題材 秋美卒業生、現代美術展の最終審査に選出

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大越さんの作品「もちゆくもの」
大越さんの作品「もちゆくもの」

 秋田公立美術大(秋田市)をこの春卒業した大越円香さん(22)=能代市出身、岐阜県大垣市住=の卒業制作が、若手芸術家の発掘を目的とした現代美術展「アートアワードトーキョー丸の内2020」の最終審査対象25点に選ばれた。ふるさとの駅前の風景を題材にした作品だ。大越さんは「びっくりしている。指導してくれた先生に感謝したい」と話す。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 697 文字 / 残り 533 文字)

秋田の最新ニュース