菅新首相へメッセージ(2)観光業 わらび座・山川龍巳社長

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
わらび座・山川龍巳社長
わらび座・山川龍巳社長

 「政治主導の政策立案を推し進めた手腕には批判もあるが、コロナ禍に見舞われている経済を上向かせる突破力があるのでは」。劇場を中心に温泉や宿泊施設などが集まるあきた芸術村を運営するわらび座(仙北市田沢湖)の山川龍巳社長は、菅義偉首相に期待を寄せる。

 仙北市の基幹産業である観光業は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を大きく受けた。春以降の観光客は、好調だったインバウンド(訪日外国人客)を含めて激減。わらび座も全国ツアーや修学旅行の中止などで深刻な打撃を受け、全国から寄せられた1億円余りの支援金や、雇用調整助成金などの公的支援、制度融資でしのいできた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 912 文字 / 残り 636 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース