加藤氏「国民視点で改革」 行政デジタル化へ決意表明

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
加藤勝信官房長官
加藤勝信官房長官

 加藤勝信官房長官は20日のNHK番組で、菅内閣が掲げる行政のデジタル化に向けた決意を改めて表明した。行政サービスの在り方について「提供側の論理ではなく、受け手となる国民の視点に立った改革を進める」と述べた。特にデジタル化に関し「他国と比較して、国民が本来なら享受できる利便性を享受できていない」と指摘した。

 菅内閣として、新型コロナウイルス感染症対策と社会経済活動の両立に最優先で取り組む方針を重ねて強調。新たな現金給付などを巡っては「感染や経済の状況をしっかり見極めながら、必要な対策を打っていきたい」と語った。