米女子ゴルフ、渋野は21位 首位とは8打差、第2日

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
第2ラウンド、通算4アンダーでホールアウトし、笑顔の渋野日向子=コロンビアエッジウオーターCC(共同)
第2ラウンド、通算4アンダーでホールアウトし、笑顔の渋野日向子=コロンビアエッジウオーターCC(共同)

 【ロサンゼルス共同】米女子ゴルフのポートランド・クラシック第2日は19日、オレゴン州ポートランドのコロンビアエッジウオーターCC(パー72)で行われ、渋野日向子は通算4アンダー、140で21位となった。前日から残した第1ラウンドを71とし、39位からの第2ラウンドで4バーディー、1ボギーの69と伸ばした。トップとは8打差。

 野村敏京はイーブンパーの65位で最終ラウンド進出。河本結と上原彩子は1オーバー、山口すず夏は9オーバーで予選落ちした。メリッサ・リード(英国)が通算12アンダーでトップに立った。

 山火事の影響で72ホールから54ホールに短縮となった。