菅政治を語る(上)政治学者・御厨貴氏 国民目線で縦割り打破

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
御厨貴氏=2019年7月撮影
御厨貴氏=2019年7月撮影

 県出身者で初の首相となった菅義偉氏は、どんな特徴を持つ政治家なのか。「菅政治」のさまざまな側面を識者に語ってもらった。

 ◇  ◇

 菅義偉首相は官房長官を務めていた時、朝昼晩の会食で人に会って話を聞くということをずっと続けてきた。これが最大の特徴だ。

 なぜ新しい人に会い、話を聞くことを続けてきたのか。菅氏の「たたき上げ」の側面が影響していると思う。2世、3世の政治家のように取り巻きがいて、人脈を譲り受けられる立場ではなかった。つまり自分で開発しなくてはいけない。そういう中でいろんな人に会い、自分の立ち位置を決める習慣が染みついたのではないか。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1022 文字 / 残り 748 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース