電動車いすで安全に外出を 高齢者向け、予約販売開始

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
WHILLの高齢者向けの新型電動車いす
WHILLの高齢者向けの新型電動車いす

 ベンチャー企業のWHILL(ウィル、東京)は敬老の日の21日、高齢者向けの新型電動車いすの予約販売を開始した。快適な乗り心地や使いやすさが特長で、安全な外出を後押しする。

 新型は「WHILL Model C2(ウィル モデル シーツー)」。2014年の初代に続き17年に2代目を発売し、国内外で実績を積み重ねた。新型は操作性の改善に加え、連続走行距離が18キロと長くなった。

 WHILLによると、新型コロナウイルスの影響で高齢者の外出頻度は減少傾向にあり、認知症の進行や社会参加の機会が少なくなることが懸念されているという。

 本体価格は47万3千円(非課税)。