最新の建設技術体験、大曲工高生 ICT活用現場を見学

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ICTを活用した測量機器の説明を受ける大曲工高生
ICTを活用した測量機器の説明を受ける大曲工高生

 情報通信技術(ICT)を活用した最新の建設技術に理解を深めてもらおうと、大曲工業高生を対象にした現場見学会がこのほど、大仙市協和小種の淀川沿いで開かれた。秋田県仙北地域振興局と県仙北建設業協会の主催。同校土木・建築科の2年生20人が参加した。

 2017年7月の豪雨を受けて県が堤防整備を進める現場を見学。工事を担当する秋田振興建設(同市大曲西根)の社員らがブースを設け、工事の流れや使用している最新機器の説明を行った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 447 文字 / 残り 237 文字)

秋田の最新ニュース