「米企業による統制」が条件 TikTok再編でトランプ氏

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
米カリフォルニア州のTikTok米国法人に掲げられたロゴ=15日、カルバーシティー(ロイター=共同)
米カリフォルニア州のTikTok米国法人に掲げられたロゴ=15日、カルバーシティー(ロイター=共同)

 【ワシントン、ニューヨーク共同】トランプ米大統領は21日、中国系動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国事業再編について、ソフトウエア大手オラクルなどの米企業によって「完全に統制される」ことが承認の条件だと述べた。事業売却を求めてきた当初方針より後退したとの批判を意識し、安全保障を重視する姿勢を示したとみられる。

 一方、中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報の胡錫進編集長はツイッターに「中国政府は提携案を承認しないだろう」と投稿。米中双方のメンツも絡み、混乱が続いている。