羽根田「来年につなげる大会に」 カヌー五輪代表、W杯へ出発

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
欧州遠征出発前に取材に応じるカヌー・スラローム男子カナディアンシングル東京五輪代表の羽根田卓也=22日、成田空港
欧州遠征出発前に取材に応じるカヌー・スラローム男子カナディアンシングル東京五輪代表の羽根田卓也=22日、成田空港

 カヌー・スラローム男子カナディアンシングル東京五輪代表の羽根田卓也(ミキハウス)が22日、欧州でのワールドカップ(W杯)に向けて成田空港から出発した。2月のオーストラリアでの大会以来となる8カ月ぶりの競技会に「順位に一喜一憂せず、周りの選手のスキルをしっかり見て、来年につなげる大会にしたい」と抱負を語った。

 スロバキアに練習拠点を置き、10月16日開幕のスロベニアでの初戦と、11月6日からフランスで開催される最終第2戦に出場する。

 欧州では新型コロナウイルスの再流行への懸念が高まっている。「自分に必要な遠征。感染対策しながら勘を取り戻したい」と語った。