車3台絡む事故、歩行者の85歳男性死亡 大館・国道7号

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
無職男性をはねたトラック=22日午後8時20分ごろ、大館市白沢(写真は一部加工)
無職男性をはねたトラック=22日午後8時20分ごろ、大館市白沢(写真は一部加工)

 22日午後6時20分ごろ、秋田県大館市白沢字松原の国道7号で、車道を歩いていた同市釈迦内字館の無職男性(85)が、北秋田市小森字上門頭の会社員男性(66)のトラックにはねられた。無職男性は全身を強く打ち、大館市内の病院に搬送されたが、約1時間20分後に外傷性ショックのため死亡した。

 大館署によると、会社員男性が青森県方向から大館市方向に走行中、前を歩いていた無職男性を車両前部ではねた。無職男性をよけようとハンドルを切った際に対向車線にはみ出し、青森市の男性(57)が運転する軽乗用車の右側面に衝突した。軽乗用車は衝突の弾みで回転し、トラックの後ろを走っていた乗用車と衝突した。

 軽乗用車の男性は右肩打撲などの軽傷。会社員男性と、乗用車を運転していた青森市の女性(37)にけがはなかった。

 現場は矢立小学校から北約2・5キロの片側1車線の直線道路。会社員男性は業務中だった。同署が無職男性の通行目的や詳しい事故原因を調べている。

同じジャンルのニュース