滴:ある夫婦の物語(上) そばにいるのが一番

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
妻と並んで座り、歌謡ショーを聴く義康さん
妻と並んで座り、歌謡ショーを聴く義康さん

 その日、施設内のホールでは8月の誕生会を兼ねた歌謡ショーが開かれていた。

 タキシードやサテンのドレスに身を包んだボランティアが、朝ドラで話題の古関裕而メロディーを次々と披露する。

 「かず、歌っこ聞こえるか?」「この曲、かずも知ってるよなあ?」

 ホールに集まった入居者たちの最後列で、一人の男性が傍らの妻に声を掛けていた。妻からの返事はない。

 夫は井川義康さん、80歳、元教師。妻のかずさん(仮名)は77歳、元事務職。数年前から秋田市内の同じ介護老人保健施設に入居し、別々の部屋で寝起きしている2人は、20代で結婚し1男1女を育てた。ごく普通の老夫婦だ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1591 文字 / 残り 1314 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース