源流 菅義偉(番外編)説明、答弁は自分の言葉で 同級生、誠実な姿勢注文

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
菅氏の首相就任に沸いた16日の湯沢高校。卒業した同級生の中には菅氏の今後の政権運営に厳しい注文を付ける人もいる
菅氏の首相就任に沸いた16日の湯沢高校。卒業した同級生の中には菅氏の今後の政権運営に厳しい注文を付ける人もいる

 菅義偉首相の就任に際し、秋田魁新報社は菅氏の小中高校や大学の同級生100人以上に取材した。その中には、菅氏に厳しい注文を付ける声も少なくなかった。行政府の長として、誠実に、自分の言葉で説明を尽くしてほしいとの声だ。

 ◇  ◇

 「あなたに答える必要はありません」「その発言だったら指しません」

 7年余りに及んだ官房長官としての記者会見では、森友、加計学園問題や「桜を見る会」などの疑惑を追及する記者にこのように言い返す場面が目に付いた。「そのような指摘は当たらない」「全く問題ない」と突き放す場面も多々あった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1147 文字 / 残り 892 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース