もちもちでおいしい! 羽後高生が台湾料理に挑戦

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
蔡さん(中央)の手ほどきを受けながら台湾料理に挑戦する生徒
蔡さん(中央)の手ほどきを受けながら台湾料理に挑戦する生徒

 羽後高校の3年生13人がこのほど、台湾・彰化市出身の羽後町地域おこし協力隊員の手ほどきを受け、調理実習で台湾料理に挑戦した。定番メニュー作りを通して海外の文化に触れた。

 この日のメニューはクレープに似た料理「蛋餅(ダンビン)」。台湾では朝食の定番という。講師は2018年から協力隊員を務める蔡育霖(サイユーリン)さん(27)。青ネギと中力粉、水をまぜた生地をフライパンで広げながら熱する生徒の様子を見て「そろそろひっくり返して」などと声を掛けて回った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 436 文字 / 残り 209 文字)

秋田の最新ニュース