菅新首相へメッセージ(5)デジタル化 サーバー管理エスツー・須藤晃平社長

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
サーバー管理エスツー・須藤晃平社長
サーバー管理エスツー・須藤晃平社長

 「秋田はデジタル後進県。人口が減少しても生産性を上げていくには、ITをもっと活用しなければいけない」。秋田市中通のサーバー管理会社・エスツーを経営する須藤晃平さん(39)はこう話し、デジタル化の推進が地方の未来を切り開くと主張する。

 2006年に仙台市でエスツーを創業。16年、人材確保のため秋田市に本社を移転した。現在は秋田、仙台、東京にオフィスを構え、サーバー管理などの業務を担う。顧客の9割を占めるのが首都圏の企業だ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 907 文字 / 残り 694 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース