身元不明遺体、乗組員男性と判明 秋田港漁船炎上

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田市の秋田港で3日、青森県東通村の野牛(のうし)漁業協同組合に所属するイカ釣り漁船「第十㐂宝丸(きほうまる)」が炎上し、船内から1人の遺体が見つかった火災で、秋田海上保安部は23日、この遺体が乗組員の三國明夫さん(58)=同村=だったと発表した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 223 文字 / 残り 98 文字)

秋田の最新ニュース