新米きりたんぽ、こんがりいい匂い 営業再開の濱乃家で作業

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
新米を使ったきりたんぽ作りに精を出す従業員
新米を使ったきりたんぽ作りに精を出す従業員

 秋田県産の新米を使ったきりたんぽ作りが23日、秋田市大町の料亭「濱乃家」(竹島知憲社長)で始まった。かすりの着物姿の女性従業員5人がいろりを囲み、約千本のきりたんぽを手際よく焼き上げた。

 男性従業員2人がきねと臼で五分づきにした後、女性従業員が温かいうちに秋田杉の棒に巻き付け、形を整えていった。その後、いろりで30~40分ほどかけて焼くと、表面はきつね色になり、香ばしい香りが部屋いっぱいに広がった。

 店は新型コロナウイルスの影響で4月20日から今月20日まで休業を余儀なくされた。それだけに竹島社長(65)は「秋田の郷土料理を絶やすわけにはいかないという使命感で作っている。通信販売を通じた巣ごもり需要に期待している」と語った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 531 文字 / 残り 214 文字)

秋田の最新ニュース