サルの新居もうすぐ完成 大森山動物園、今冬お披露目へ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
10月7日に完成予定のサル舎
10月7日に完成予定のサル舎

 秋田市浜田のあきぎんオモリンの森(大森山動物園)で、新サル舎の工事が大詰めを迎えている。来月7日に完成し、正式オープンは来年3月の見込み。屋内と屋外の両展示場を備え、天候に左右されることなくサルの姿を楽しめる。

 展示するのは、旧サル舎に入っていたアビシニアコロブス、ブラッザグエノンなどの4種類に加え、新たに飼育されるフクロテナガザル、別のスペースで飼育していたワタボウシタマリンの計6種類。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 752 文字 / 残り 555 文字)

秋田の最新ニュース