稲の手刈りで「腰が痛い」 象潟小児童が体験

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
稲の手刈りを体験する象潟小の児童
稲の手刈りを体験する象潟小の児童

 秋田県にかほ市の象潟小学校(佐々木正校長)の5年生63人が23日、同市象潟町の学習田で稲刈りを体験した。鎌を使って手刈りし、収穫の喜びを味わった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 323 文字 / 残り 249 文字)

秋田の最新ニュース