「鬼滅の刃」の偽フィギュア販売か 仙北市の男ら2人逮捕

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
両容疑者が販売したフィギュアなど=秋田中央署
両容疑者が販売したフィギュアなど=秋田中央署

 人気漫画「鬼滅(きめつ)の刃」の登場人物を著作権者の許諾なしに複製したフィギュアなどを販売したとして、秋田中央署と秋田県警生活環境課は24日、仙北市田沢湖生保内の建築作業員の男の容疑者(51)と、仙台市泉区の無職の男の容疑者(58)を著作権法違反容疑で逮捕した。

 仙北市の容疑者の逮捕容疑は、今年4~5月、著作権者の許諾を受けずに複製されたフィギュア2体とキーホルダー3個を、ネットオークションやフリーマーケットアプリで、県内の2人を含む3人に計8730円で売った疑い。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 557 文字 / 残り 321 文字)

秋田の最新ニュース