大リーグ、大谷が7号2ラン 前田6勝目、田中は3敗目

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
パドレス戦の二回、2ランを放つエンゼルスの大谷=23日、サンディエゴ(AP=共同)
パドレス戦の二回、2ランを放つエンゼルスの大谷=23日、サンディエゴ(AP=共同)

 【サンディエゴ共同】米大リーグは23日、エンゼルスの大谷がパドレス戦に出場し、3試合ぶりの本塁打となる7号2ランを放つなど4打数1安打2打点だった。

 ツインズの前田はタイガース戦に先発し、6回を4安打3失点で6勝目。日米通算150勝とした。

 ヤンキースの田中はブルージェイズ戦に先発し、4回を8安打5失点で3敗目。レッズの秋山はブルワーズ戦に出場し、3打数無安打だった。

 レイズの筒香はメッツ戦に出場し、4打数無安打。チームはア・リーグ東地区で10年ぶりの優勝を決めた。

 マリナーズの平野はアストロズ戦で九回に登板し、1回を3安打2失点で4セーブ目を挙げた。