NYタイムズ、会長が退任 デジタル推進、後任は息子に

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
12月末で退任するアーサー・サルツバーガー会長(左)。右は息子のグレッグ氏(ニューヨーク・タイムズ提供・共同)
12月末で退任するアーサー・サルツバーガー会長(左)。右は息子のグレッグ氏(ニューヨーク・タイムズ提供・共同)

 【ニューヨーク共同】米新聞大手ニューヨーク・タイムズは23日、アーサー・サルツバーガー会長(69)が12月末で退任すると発表した。名誉会長となる。後任は2018年から発行人(社主)を務める息子のアーサー・グレッグ・サルツバーガー氏(40)。

 現会長のサルツバーガー氏はAP通信記者などを経て入社。1997年の会長就任時は、発行部数はニューヨーク都市部中心に約100万部だった。デジタル化を推進し、契約者は世界で約650万人に拡大した。グレッグ氏は2009年に入社し、編集局にデジタル路線への大変革を提言する報告書をまとめた。