巨大な盾持ち人埴輪が出土、大阪 陵東遺跡の溝、人と同じ大きさか

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大阪府羽曳野市、藤井寺市にまたがる陵東遺跡で発見された3体の人物埴輪。(上から)男子像、盾を持つ人物、力士とされる=24日
大阪府羽曳野市、藤井寺市にまたがる陵東遺跡で発見された3体の人物埴輪。(上から)男子像、盾を持つ人物、力士とされる=24日

 大阪府羽曳野市、藤井寺市にまたがる陵東遺跡の溝から盾持ち人、力士、男子像の人物埴輪3体(5世紀後半~6世紀初め)が出土し、大阪府文化財保護課が24日、発表した。

 盾持ち人埴輪は頭部だけが出土し、長さ60センチ、幅25センチ。盾部分は見つからなかったが、挿し込み式の頭部は盾持ち人埴輪にみられる特徴という。盾部分も含めると、人と同じぐらいの大きさだったらしい。目の周辺には入れ墨を表現した可能性がある線刻が施され、鼻や顎もしっかり作られていた。

 通常の人物埴輪は無表情なのに対して、盾持ち人埴輪は威嚇や笑いの表情、入れ墨表現のあるものが多い。