菅首相、日韓関係「放置してはならない」 文氏と電話会談

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
韓国の文在寅大統領との電話会談を終え、取材に応じる菅首相=24日午前、首相官邸
韓国の文在寅大統領との電話会談を終え、取材に応じる菅首相=24日午前、首相官邸

 菅義偉首相は24日、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と就任後初めて電話で会談した。菅氏は「両国はお互いにとって極めて重要な隣国であり、北朝鮮問題をはじめ、日韓、日米韓の連携は重要だ」と表明した上で「現在、非常に厳しい状況にある両国関係をこのまま放置してはならない」と伝えた。日韓首脳協議は2019年12月に安倍晋三前首相と文氏が中国で日中韓首脳会談に合わせて会談して以来、9カ月ぶり。

 菅氏は会談後、元徴用工問題などで日韓関係が悪化している状況を踏まえ、「さまざまな問題に関するわが国の一貫した立場に基づいて、今後とも韓国に適切な対応を強く求めていきたい」と記者団に強調。関係改善は韓国側の対応にかかっているとの姿勢を示し、健全な関係に戻すきっかけをつくるよう韓国側に求めた。関係改善の兆しについては「今申し上げた通り。外交上の問題であり(それ以上の発言は)控えさせていただく」とだけ語った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1307 文字 / 残り 909 文字)

同じジャンルのニュース