県内の新型コロナ検査能力、1日500件に引き上げへ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)
新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 新型コロナウイルスの感染の有無を調べる検査について、秋田県は24日、県内の1日の検査能力を現在の200件から500件に引き上げる考えを明らかにした。今後の感染拡大とインフルエンザの流行に備えた対応。同日開かれた県議会福祉環境委員会で説明した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 421 文字 / 残り 299 文字)

秋田の最新ニュース