男鹿、潟上で農業初心者の若者集団「ムトウファーム」奮闘

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
新たに借りた畑で作業する「ムトウファーム」メンバーら。中央が武藤さん=21日、男鹿市船越
新たに借りた畑で作業する「ムトウファーム」メンバーら。中央が武藤さん=21日、男鹿市船越

 秋田県男鹿市などの若者が、農業に取り組むグループ「ムトウファーム」を立ち上げ、活動している。2年目となる今年は、同市と潟上市で使われなくなった農地を借りて作物を栽培。大掛かりな機械を持たず試行錯誤しながらの作業だが、メンバーは「さまざまな人たちと交流し、楽しみながら農業をしたい」と意気込む。

 ムトウファームはリーダーの武藤亮さん(30)=男鹿市船越、会社員=が中学、高校の同級生らと立ち上げた。現在の中心メンバーは同市と秋田市の5人で、全員が30代。仕事の傍ら、休日などに集まって作業している。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 835 文字 / 残り 586 文字)

秋田の最新ニュース