特殊詐欺被害経験の男性、「賠償金出る」とだまされ再び被害

お気に入りに登録

 秋田県警横手署は24日、横手市の60代男性が架空請求詐欺の被害に遭い、現金74万4800円をだまし取られたと発表した。

 署によると、6日ごろ、男性の携帯電話に被害者救済機構窓口をかたり「警察で振り込め詐欺グループを捕まえた。あなたも詐欺に遭っていることが分かった。あなたがもらえる賠償金は12億3千万円」といった内容のショートメールが届いた。

 男性は昨年2月にも特殊詐欺被害に遭ったため、賠償金を受け取れると思い込みメールに返信。指定された金融機関の口座に、8~14日まで11回にわたり現金を振り込んだ。

 賠償金が支払われないことを不審に思い、24日午前に署に相談した。署は「過去に被害に遭った人を狙い救済金名目で現金を要求するのは悪質な詐欺の手口。怪しいと思ったらすぐに相談してほしい」としている。

同じジャンルのニュース