全県おはよう野球、成田物産など準々決勝へ 秋田市で開幕

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【SNIPES―成田物産スピリッツ】6回2死二、三塁から、暴投で生還する成田物産の佐藤正(左)=さきがけ八橋球場
【SNIPES―成田物産スピリッツ】6回2死二、三塁から、暴投で生還する成田物産の佐藤正(左)=さきがけ八橋球場

 第51回全県おはよう野球大会(秋田魁新報社、県軟式野球連盟主催)は26日、秋田市のさきがけ八橋球場と花の森球場で開幕した。地区予選を勝ち抜いた14チームが出場。1回戦6試合を行い、昨年準優勝の成田物産スピリッツ(山本)、初出場の中村サラブレッツ(北秋田)などが準々決勝に進んだ。

 27日は午前8時半から両球場で準々決勝と準決勝を実施する。

【さきがけ八橋球場】
 ▽1回戦(8:30)
成田物産スピリッツ(山本) 1―0 SNIPES(大仙美郷)

 ▽1回戦(10:30)
角間崎スパローズ(男鹿) 8―7 横手ポロリーズ(横手)
(八回タイブレーク)

 ▽1回戦(12:30)
Beer’s(鹿角) 7―3 寿し藤(大館)

【花の森球場】
 ▽1回戦(8:30)
壱の座レンジャーズ(能代) 4―1 昭和野球倶楽部(潟上)

 ▽1回戦(10:30)
田沢湖ライス(仙北) 2―1 小政倶楽部(南秋田)

 ▽1回戦(12:30)
中村サラブレッツ(北秋田) 1―0 栗駒CAT’S(湯沢雄勝)

秋田の最新ニュース